金地金の相場って?

金地金の相場って?

世界的に経済危機の起きている現代では、金地金などを用いた金相場への投資が大変注目されています。 なぜ経済が不安定だと、金相場が人気となるのでしょうか。

株式・債券・外貨など企業や国に依存する投資商品は、政治や経済の動向に左右されてしまいます。 政治や経済の変動によって、相場に非常に変動が起こりやすくなります。

一方、金地金は、誰もが知っている高価な金属である金でできています。 金そのものに価値があると言えます。 シストレ24などとは異なり、金は政治や経済の動向に左右されにくい投資商品なのです。 そのため、経済危機の時には金相場が人気となるのです。

では、金相場は何によって変動するのでしょうか。 金相場は需要と供給の変化で変動します。 なぜかというと、金は限りある資源だからです。 地球上に埋蔵されている金は、6〜7万トンと見込まれています。 あと20年ほどしたら枯渇してしまうのです。

金の埋蔵量が少なくなれば少なくなる分、金の供給量は減ります。 金の供給量が減ると、金地金などの金でできた投資商品の需要は高まります。 需要が高まるということは、金の価値が高まる、ということなのです。

こうしている今も、金は採掘されています。 金地金がさらに価値を増しているのです。

金地金の関連情報