パチンコ景品としての金地金

パチンコ景品としての金地金

パチンコの出玉を交換するとき、交換対象の景品の中に、1gほどの金のバーがありますね。 パチンコの景品としての金地金は、売却することができるのでしょうか。

パチンコ景品用の金地金は、貴金属を取り扱っている会社では売却することができないことがほとんどのようです。 ミラートレーダーのような投資用ではなく、パチンコの景品用として製造されたものだから、という理由のようです。

パチンコ景品用の金地金を買い取ってもらう場合は、貴金属の取扱会社ではなく、 東京ユニオンサーキュレーション株式会社(TUC)に行くのが一般的です。 TUCは、東京商業流通組合の事業部門を担当する会社です。 パチンコ景品の買い取りを統一して行っています。

パチンコの景品用の金地金は、東京商業流通組合に加盟している卸売業者がパチンコ店に卸しています。 パチンコ店は、パチンコに来たお客さんの出玉と引き換えに景品として渡します。 お客さんは、景品用の金地金をTUCの買い取り窓口に持ち込みます。 TUCが買い取った後、東京商業流通組合をとおして卸売業者に売却されているのです。

金地金の関連情報