金地金と金貨

金地金と金貨

金貨とは、金で作られた貨幣のことです。 ご存知のように、ずっと昔から世界中で流通しています。

金が、昔から貨幣の材料にされてきたことには、現実的な理由があります。 まず、パッと見て、キラキラと黄金色に輝く美しさが挙げられます。 金の加工のしやすさも貨幣化の一因です。金は、金属としては柔らかいのです。

また、金が腐食や錆びに強いことも、貨幣として日常生活で用いるのに適しています。 現在発行されている金貨には、通貨型金貨、収集型金貨、地金型金貨の3種類があります。 通貨型金貨は、銀行など金融機関で、両替して購入することができます。 額面が、金地金の価格よりも高いことも特徴です。 日本では記念金貨といった形で発売されます。

収集型金貨は、その名の通りコレクションのための金貨です。 希少価値(プレミア)がつくと、非常に高価な金額で売買されることもしばしばあります。

地金型金貨は、金地金と同じような性質を持っています。シストレ24などの投資のため、資産管理のために売買される金貨です。 地金型金貨は、金地金のその時点の相場価格に、少額の上乗せ金をプラスした価格で売買されるのが特徴です。

金地金の関連情報