金地金の保有について

金地金の保有について

金地金は現在、世界各国で保有されています。 映画などで、銀行強盗のシーンがありますね。 銀行に忍び込み、大きな金庫の丸くて重たい扉を開けたら金の延べ棒がぎっしり詰まれている…… というシーンを思い浮かべる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

世界の国々では中央銀行、すなわち公的機関に金を保有しています。 公的機関の金の保有量は、地上に存在する金の20パーセント弱です。

現在、金の地上在庫のうち、一番が多いのは宝飾品です。 地上にある金の半分以上が宝飾品になっているということですね。 個人における金地金などの金の保有率は16パーセントです。 地上にある金の4分の1を個人が保有しているのですね。 ミラートレーダーと同様に興味深いところです。

個人資産の場合、資産のうちのどのくらいを金で保有しておくと良いのでしょうか。 金は、個人の保有資産の10〜15パーセントが目安だと言われています。

金は、そのものに価値がある独特の資産です。 不動産などのようにその価値を失うことは決してなく、実物資産のため信用も高いです。 そのため、金は「守りの資産」とも呼ばれています。 個人で金地金などの金を保有しておくメリットはかなり大きいのです。

金地金の関連情報